海外旅行・国内旅行のことなら旅の漫遊 熊本支店|どこにもない面白いツアーの企画

カンボジア・リハビリツアー

  • HOME »
  • カンボジア・リハビリツアー

c_title

日本の「ダメ」が「当たり前」!

c_egao
カンボジアにボランティアで来た引きこもりの大学生が、すっかり元気になって日本に帰っていくという話は、カンボジア現地で活動しているNGOの中では当たり前になっています。なぜなのでしょう?この国には引きこもりの人はいません。引きこもっては生きていけませんし、障がい者は家族や親戚あるいは支援NGOが暖かく支えます。
この国に支援活動やボランティアで来た方々からよく聞く言葉が、「支援に来たのに、かえって自分が助けられた、癒された。」この国の人たちと接していると、”失敗を気にしない、明日のことを思い悩まない、叱られても3日で忘れる”等など、日本では「そりゃーダメでしょう!」と言われることが、かえって当たり前だったりします。でも視点を変えると、彼らにはストレスがなく、とても楽しそうに生活しているのです。
そこで私たちは、日本で引きこもっている青年たちに「ぜひカンボジアに来てもらいたい」と思い、この「引きこもりやニートのためのリハビリツアー」を企画いたしました。

自由選択制のプログラム

リハビリプログラムですから、無理強いはしません。期間も三ヶ月とゆっくりとっています。
自分のしたいことを、プログラムの中から選択して、自分の出来る範囲から始めてもらいます。
気の赴くままに、自分の時間を過ごしましょう♪

90日間の実習例

日数 内容
1~15日目 オリエンテーションとプノンペン市内観光

  • 盲人のマッサージ学校の手伝いをする。:マッサージの練習台になる/食事の準備や店舗の清掃を手伝う
  • 日本語学校で、日本語を学ぶ学生の話し相手になる。:会話テキストの日本人役をしてもらうだけでも喜ばれます
  • 孤児院への、日本食炊き出しボランティアに参加する。
【ミニツアー】プノンペン郊外の湖畔で、ハンモック小屋を借りて1日のんびりするツアー。
16〜45日目 ケップの胡椒農園で過ごすストレスフリーの日々

  • 自然と花と動物に囲まれ、文明から一歩引いて暮らしてもらいます。
  • 日の出で起き、日が暮れると寝る生活で生物本来のリズムを取り戻します。
【ミニツアー】ケップの隣のカンポット市で、日本人がひとりで作っているビール工場の見学と食事、夕方からはサンセットボートツアーを楽しみます。
46〜80日目 選択肢1:プノンペンでの活動

  • 日本語学校の日本語会話担当として常駐し、学生をサポートする。
  • プノンペン郊外の孤児院で、子供達に日本語や算数を教える。
  • マッサージを学ぶ盲人たちと共に、自身もマッサージの技術を学ぶ。
  • 英語とクメール語を本格的に学習する。
  • プノンペン市内の日本人経営の店舗でアルバイトをする。
選択肢2:ケップでの活動

  • 農園に残って、野菜作りや果物の収穫、食品加工の実習を続ける。
  • 新しい孤児院の建設に参画する。
【ミニツアー】バッタンバン市にて、日本人が運営する孤児院とレストランを訪問。廃線を利用したバンブートレインにも乗ります。
81〜90日目 プノンペンにてディスカッションとレポート

  • この3ヶ月を通して感じたことや、自らの気持ちを互いにディスカッションする。
  • カンボジアやツアーの思い出をレポートにまとめる。
【ファイナルツアー】シェムリアップとアンコールワットツアー。
レントサップ湖を縦断するボートに乗り世界遺産のアンコールワットを見に行きます。
遺跡だけではなく、カンボジアの若者が躍動するストーリー性溢れるサーカスなども鑑賞する、2泊3日のファイナルツアーです。

c001

料金について

▼ 旅行代金

おひとり様50万円
3ヶ月後に状態が変わらなかった場合、旅行代金の半額を返金いたします。
※返金を請求する・しないの判断につきましては、参加者様ご本人におまかせいたします。
※万が一返金の際には、プログラムの至らなかった点等についてご意見をいただきますのでご理解ください。

▼ 旅行代金に含まれるもの
  • 往復航空券(エコノミー)
  • 空港税
  • 燃油サーチャージ
  • カンボジア査証代金
  • 空港から宿泊施設までの送迎
  • 3ヶ月の宿泊代金
  • 食事代
  • 各種リハビリプログラム
  • カンボジア観光
  • 半額返金保証

※航空券は出発日・空き状況によりアシアナ航空・ベトナム航空・大韓航空・タイ航空の中から利用をいたします。

▼ 宿泊・体験プログラム都市

プノンペン:SAKURA Vocational Training Organization(サクラ職業訓練校)
ケップ:Green Door Farm(田中農園)

施設紹介

  1. SAKURA Vocational Training Organization(サクラ職業訓練校)
    カンボジアの視覚障がい者に整体技術の訓練を行い、店舗展開までサポートします。
    全盲の若者たちが、全寮制で、整体技術だけでなく、日本語や英語を学んでいます。
    食事の支度も彼ら自身が行っています。目が見えなくても上手に調理します。
    プノンペンでの宿泊施設でもあります。
  2. Kakehashi International&Business Co..Ltd.(日本語学校)
    カンボジア政府の正式認可を受けた、技術研修生送り出し機関です。
    日本に働きに行く技術研修生に、全寮制で6ヶ月間日本語を教育しています。
    プノンペンでも最大規模の語学教育校です。
  3. I.I.S.日本語トレーニングセンター
    技術研修生に日本語を教える学校です。小規模ですが、さくら職業訓練校に近く気軽に通える実習校です。
  4. 孤児院訪問
    福岡の秀ちゃんラーメンのプノンペン支店が行っている、孤児院への炊き出しボランティアに参加します。
    さらに、プノンペン市内や地方の孤児院も訪問します。
  5. Green Door Farm(田中農園)
    ケップ州にて、オーガニック認証を受けた胡椒農園を運営している日本人のもとで農園の作業や動物・花壇の世話などを行います。
    三方を山に囲まれた大自然の中にある農園は、敷地10ヘクタール。胡椒3,000本、マンゴー800本が育っています。
    他にもジャックフルーツ・パパイア・パッションフルーツ・ココナツ等のフルーツが植えられています。
    中央には花壇が作られており、年間を通して南国の花を楽しめます。
    ニワトリ・アヒル・ガチョウ・ウサギ・犬・猫が放し飼いで共存してます。
    観光用にオーガニックレストランを増築中です。

885b1609d887e7477070edcccc7f3eb8_s1ed936784175a0c259132372f7bccdfb_s77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s

現地からのコメント

0a8e3bfa91338d17eb5b90254f0eb4f0_s▼ 田中農園・田中さんより
この農園では自分のペースで仕事ができ、内容も時間も自分で選ぶことが出来ます。
ここで働いている現地のスタッフは、日の出とともに起き、日が暮れると寝ます。自然のリズムの中に自分を置いて、自分自身のペースを見つけてください。現地スタッフが日々の仕事の中に、どうやって楽しみを見つけているのかなど、一緒になって働いてみると体感できることがたくさんあります。
まずは、大自然の中に一歩踏み出して、新たな扉を開いてみませんか?ここには文明的なものが何もないがゆえに、自然とたわむれることしかできません。
だからこそ、精神的に癒され、ゆっくり自分をみつめなおす時間になると思います。

お問い合わせはこちら!

PAGETOP

電話でのご予約

ネットでのご予約

Copyright © 旅の漫遊 熊本支店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.